業務内容
>

顧問契約

企業の法的側面でのトラブルを未然に防ぎ、また迅速に対処し、
法人の皆様の事業の成長に貢献いたします。

事業の経営に法律知識は欠かせません。顧問弁護士を持つことで、トラブルを防ぎ、また、万が一紛争に巻き込まれた場合も、会社の実情を日頃から把握しているため、迅速かつ的確に対処し、紛争を最小限に抑えることができます。また事業の対外的信用度もアップします。

顧問契約のメリット

迅速な対応

契約書の作成やチェック、内容証明郵便を送付するなど、依頼者との信頼関係が確立している顧問弁護士なら、迅速に対応することが可能です。

有利な契約交渉

顧問弁護士がいれば、早期に相談ができるので、契約交渉を有利に運び、紛争を未然に防ぐことができます。例えば、紛争になりがちなポイントを事前に顧問弁護士から指摘を受けた上で、契約交渉を行うことができます。また、実際に紛争が発生した場合も、第三者的な観点から冷静に判断して、アドバイスいたします。

企業活動への専念

トラブル発生時には、その対応に多大な時間と労力が割かれてしまい、本来行うべき業務に支障をきたすと、企業として営業的損失、社会的な損失が発生します。法務問題については原則的に顧問弁護士におまかせいただくことで、企業活動に専念していただくことができます。

社内コンプライアンスの確立

顧問契約を締結することにより、気軽に弁護士に相談することが可能になります。顧問弁護士と継続的にコミュニケーションをとることとなり、自然と社内のコンプライアンス体制が構築され、大きなトラブルが発生する前に、紛争の芽を摘み取ることができます。

法律顧問料は全額経費として処理できますので節税になります。上記のメリットをふまえ、総合的なコストを考慮すると、紛争が起こってからご依頼いただくよりも、価値のある選択肢となります。

問いわせ

高梨基子法律事務所へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム

PAGETOP